手作りパンと八ヶ岳週末移住のBLOG

東京の自宅と八ヶ岳の小屋を行ったり来たり。パン教室の運営・料理家・動画作り。パンと小屋のお話。

1斤型が売っていない!【パン教室】

今日で2月が終わります。いつものことだけれど、あっという間に今月も終わって、また明日から新しい月に変わります。

 

2月は本当に忙しかった...大変なことも、悲しいことも。だけど、それは30代の試練なのかなと真正面から受け止めて周りのみんなと支え合ってまた前を向けたらいいなと思います。

 

八ヶ岳のことも、パンのことも、教室のことも書きたい!!と欲張りな気持ちでいたら、結局ブログそのものに時間をとることができませんでした。

相変わらず、時間の使い方って難しい…。でももう少し、ブログを日課にできたらいいなあ。

 

いくつか講師のお仕事や、卒業した生徒さんとパンの勉強会の計画や、新しい楽しみもたくさんあります!

そしてまた八ヶ岳でリラックスして、頑張ります。

 

自由なブログですがお付き合いくださいませ*

 

今日は1斤型のお話です!

f:id:bbb_tomopan:20190301003904j:plain

(↑生徒さんのハニーブレッド) 

 

 

1斤型が売っていないという事件

少し前から、生徒さんに「1斤型が売っていないんです」と相談されるようになりました。

 

わたしは基本的に食パンなどは1斤型を使用しているのですが、生徒さんには【フッ素加工やシリコン加工された1斤型】をおすすめしています。

 

加工された型をおすすめする理由

型の内側がフッ素加工、あるいはシリコン加工されている型は、型離れに困ることがありません。油脂を塗らなくても、さらっとパンが型から出てきてくれるのでとっても使い勝手が良いのです!

 

また空焼きも不要です。買ったらさっと洗って、もう使えます。便利!

 

特に型離れの良さを実感するのは、オニオンベーコンパンなど生地に具材を入れた時です。

パン生地の側面に具材がでていると、、(つまり型に具材がぶつかる形でパンを焼くと)加工なしの型ではどうしてもくっつきやすくなってしまいます。せっかくきれいに焼けたのに、型とパンの隙間にナイフを入れて離してみたり…。

 

f:id:bbb_tomopan:20190301001154j:plain

(↑生徒さんのオニオンベーコンパン)

 

でも加工されているものでしたら、どんな具材が入っていても「とんとん」っとするだけでさらっとパンが出てきてくれるので、「パン作りにはまったら是非加工されたものを!!」と生徒さんにおすすめしています。

 

数年前まではたくさんあった1斤型

5月でパン教室を始めて5年になりますが、1年目2年目3年目…。その辺りまではネットを見るとたくさん売っていて、「たくさんありすぎるのですが、どれがいいですか?」と生徒さんからよく質問をいただいていました。

 

「ありすぎると逆にわからなくなりますよねえ」なんて話していたくらい。

 

(ちなみにスーパーやホームセンターで買える1斤型は基本的にアルタイト(加工なし)のものです。1000円しないくらいで売っていますよね◎)

 

先日レッスン中に、やっぱり「先生、加工された1斤型が売っていないんですよ」とお話があって、「まさかまさかー!!一緒に見てみましょ!」なんて発酵時間にPCを開いたら…

売ってない!!!!!!!!

 

し、知りませんでした...今ってこんなに加工された1斤型って売っていないんですね。

 

生徒さんのこの声を、「たくさんありますよー!ネット見てみてください♪」だなんて、あんなに軽くお返事していた自分を本当に悔やみました…。

 

わたしが1斤型を使う理由

わたしのパン教室では、なるべく皆さんが手に入りやすい基本的な型を使うようにしています。

例えば、今って本当にたくさんの型が売っていますよね。

同じ食パン型でも、正方形のもの増えたし、あとは下と上が平行なストンとし長方形の物も増えてきましたね。(説明下手ですみません)

 

ちぎりパンが作りやすい細長~い型や、、、とにかくパンやパン作りの流行に合わせてバリエーションが増えてきました。SNSやネットの発展も大きな理由のひとつかもしれませんね。「目でみて楽しい型」が増えてきたように思います。

 

でもわたしはあくまで「パン教室」なので、「〇〇のお店で買ってくださいね」というようにお店を指定してしまうようなパンの型は使わないようにしてきました。

 

ですので食パン型は長方形の1斤型。

1斤型なら手ごねでも無理なくこねられる粉量で作れるので、ずっと1斤型を使っていました。

f:id:bbb_tomopan:20190301001449j:plain

(↑生徒さんの抹茶大納言)

 

1斤型が売っていない理由を生徒さんと考えてみた

生徒さんと「なんで売っていないんだろう?」と考えてみました。

 

1斤型はずっと使えるので買い替えるものでもない

わたしもずーっと同じ型を使っているので、わたし自身そもそも最新の1斤型事情をチェックすらしていなかった現状があります…。

アルタイトならまだ買い替えはあると思いますが、型離れに困らなければ買い替えも不要ですもんね。

 

1斤型では少ないので、1.5斤または2斤が主流になってきた?

パン作りをされている皆さんは何斤型を使用していますか??すごく気になりました!

1斤型ってこねやすい分量ではあるのですが、食べるには小さく感じるサイズなんです。【厚切りにしてちょうどよい】感じ。

 

いろんな型が流行っているから?

うーん、とは言っても、食パン型はパン作りには必要不可欠!と言ってもいいくらいの型ですよね。やっぱり、1番2番めあたりが、理由なのかな?

 

結局たどり着いた型

【売り切れ】【入荷待ち】という表記も多かったので、タイミングも悪かったのかな…。

本当のところはわからないけれど...。

 

たまに見つけても6,7000円したりそれ以上の物もありました。それはさすがに高い…!

 

結局私達は、Amazonで馬嶋屋さんの1斤型(2000円しないくらい)を注文することにしました。ちょうど別の生徒さんからも相談があったので事情を話したら楽天でも買えたそうです!

 

 こちらは1.5斤型ですが、この1斤型を購入しました。黒いのでなんだか頼もしいです。

 

わたしの悪いところです

この仕事をしていて致命的な欠点なのですが笑、「最新の情報に疎い」というわたしの悪い部分が全面的に表れてしまった事件でした!!

 

普段生徒さんがいろいろ教えてくださるので(こんなのありますよ、とか)、本当に反省しました。というか、生徒さんは「見つかりません~」とSOSをくれていたのに!!なぜわたしは「ありますあります~」なんて言っていたんだろう!猛反省です!

皆さんすみませんでしたー;;

 

もし今後も型が売っていなかったら

もし今後このまま1斤型が主流ではなくなってきたとしたら、このまま皆さんにおすすめするわけにもいかないので、1.5あるいは2斤型でレッスンをしようと思います。でもしばらく様子見で◎

 

あと今までレッスンを受けてくださった方、またお手持ちの型が1.5、2斤型でしたら、レシピを計算し直してお伝えしますね!!

 

あるいは今後のレシピは1、1,5、2斤と3パターンくらいのレシピ(計算をし直すだけです)を一緒に表記してお渡ししても良いかもしれませんね。

臨機応変に対応できるようにしますので、生徒さんの中で型に悩まされている方がいらっしゃいましたら遠慮なくお声かけくださいー!!

 

パン教室を始めてたった5年、パンを取り巻くいろいろなことがどんどん変わってきました。

パンは食べるのも焼くのも、今は人気ですから当然のことかもしれませんが、それでもすごい勢いでパンの環境は変わり続けています。

 

過去の記事にも書いたかもしれませんが、シュトーレンなんかもそうですよね。5年前はあまり一般的には知られていなかったし、スーパーになんて絶対に売っていませんでしたから。パン周りの変化はすごいです、本当に!!

 

過去記事の「パン教室の開校準備」関連なんかも、たった5年でもきっと今の時代とは大きく違うかも…。また見直して書いてみようかな、なんて思ったり思わなかったり。

 

もし今、パン教室を始めよう!と思ったら、きっと5年前とは違うやり方で始めていたかもしれませんね。不思議です。

 

こんなわたしなので、皆さん今後ともいろいろ最新情報聞かせてくださいね*

わたしも何か楽しいこと、美味しそうなパン屋さんなどなどありましたらお伝えします^^

 

では!!

長くなりましたが、3月もよろしくお願いします!3月は予約が埋まってきてしまっているので、予約ご希望の方はお早めにご連絡くださいね*

 

BlueBearBreads・こじまともこ