BlueBearBreads・BLOG

30代の女性はきっと楽しい!お仕事に子育てに、フリーランスで働くこじまともこのブログです。パン教室の運営・パン料理家・ベビーシッター。30代のありのままの経験談とパン作りのアドバイスブログ。

②自宅教室開校までの準備・WEBデザインのお話など

さてさて。

引き続き何回かにわけて、自宅教室の開校準備について書いていきたいと思います。後からも振り返りやすいようにしばらく続けて書きますね。

 

bbb-tomopan.hateblo.jp

 

前回は

  • 1年という期間を写真を準備やパンの復習の時間に充てました。
  • 先にスタートライン(開校時期)を決めて、逆算をして、計画を立てて準備を楽しみました。

というような内容で締めくくりました。

準備の準備の準備くらいな、根本的な部分から書いてしまったので、今回はもう少しお話を進めていきますね。

 

また、前回の記事では当時すごく参考にさせてもらった本の紹介もさせていただきましたので、そちらもよかったら覗いてみてくださいね。

 

 

1.WEB・デザイン全般…とにかく仕上がりが楽しみ!

f:id:bbb_tomopan:20170817180504j:plain

今回はまず、教室のイメージにつながるロゴなどの「デザイン」関係についてのお話です。

 

開校1年前から自分なりに準備を進めてきたわけですが、どうにもこうにもWEB関連やデザイン系ばかりは自分ではどうにもなりません。

でもまずは、ホームページやデザイン全般がしっかりしていることで、無名のわたしの小さな教室もぱっと華やかに、そして信頼できるパン教室だと思っていただけるように、わたしの中でホームページは必須でした。

 

今だったら、ブログやインスタのみで受け付けている方も多くいらっしゃいますよね。ですので、ホームページが絶対ではないのかな、とも思います。

結局、ホームページとは別にTwitterもインスタもしていますし、これまたたった3年ちょっととはいえ、その間にSNSを取り巻く環境は大きく変わったので、ホームページの有無に関しては人それぞれなのかなと思っています。

 

HPを持っていてよかった点は…
  • (前回もお話しましたが)BlueBearBreadsは作りたいパンを選べる教室ですので、ずらりとパンが並ぶページが必要でした。なのでわたしにはHPは絶対に必要なものだと迷わず用意する方向で考えました。
  • 次に挙げられるのは、後付けではありますが、HPのおかげで教室や先生であるわたしの雰囲気やイメージが定着し、浸透してくれたこと。これは後から、生徒さんや皆さんに言ってもらえるようになって気が付いたことでした。「ともこ先生、イメージのまんまです!」と言ってもらえるのはとても嬉しい誉め言葉。あんな感じでのんびりまったりな教室です。
 
 誰にお願いをする?予算は?

わたしはノラネコガールこと、ノラネコデザインの猪瀬まな美ちゃんにWEB・デザイン全般をお願いしました。ついでに教室名も!

 

まなぴーとの出会いはそれこそ何年も前からTwitterでフォローをしていました。本当にまなぴー自身がかわいくて、作品もかわいい。

かわいいっていろんな種類があると思うのですが、とにかくまなぴーのデザインはどれもツボでした。だけど、クールなデザインも、かっこいいデザインも、なんならMVの美術だって担当しちゃうくらいなんでもできる子ちゃん。

(ちなみに今は当時より劇的に活動の場を広げていてかっこよいです。当時でもお願いしていいのかなあって思ってたくらいなのに、今だったら確実に声なんてかけられなかっただろうな笑)

 

どうぞまなぴーのご活躍をご覧ください。

noranekodesign.weebly.com

 

というわけで、教室がどうのこうのという前よりずっと、何かあったらこの子にお願いしたいと思って、さりげなくいいねしたり、お近づきになれるよう努力していました笑

ほんとかわいいからね、まなぴー!まなぴー自身がタイプなのも大きかったです笑

 

ちなみに皆さんは知り合いにデザイン関係をお願いできる方はいらっしゃいますか?

 

それこそ、今はこうやってネット上で様々な分野で活躍する方と出会える時代です。まなぴーは多忙なので紹介はできないかもしれないけれど??(どうなのかな、もちろん聞くことはできます)

ぜひ、直感的に素敵!!と思う方にお声かけしてみるのもありだと思います。良き時代ですね。

  

ちなみにわたしは

教室名、ロゴ、WEB全般、名刺、チラシすべてをまなぴにお願いをしました。

しかも今考えるとあり得ないほどの超低価格で…今になって申し訳なく思ってしまうくらいです。本当に。

当時も「安い!本当にいいのかな?」と思ったけれど、今いろいろ経験して改めて考えると感謝しかありません。コップンカー。

 

ロゴを用意した理由

でもよくよく考えたら、ロゴがなくたって十分パン教室は開けますよね。わたしのように人様に依頼したらお金も発生しますし、こだわらない方はなくてももちろん大丈夫です。

わたしがロゴをお願いした理由はいくつかあるのですが、

ひとつめは、単純にわたしが青いくまさんが好きだったのでどこかに入れてほしかった。ぱっとみて、こじまともこ先生の教室ね!とわかるような、キャラクター的要素のロゴが欲しかったんです。あとは先ほどと同じになりますが、無名なわたしでしたので、きちんとした世界観をあらかじめ作っておくことで、生徒さんに教室のイメージが伝わりやすく、気軽に来てもらうきっかけにしてほしかった。

そんなところでしょうか。

 

名刺やチラシも、それなりにお値段が発生すると思いますので、手作りできる方でしたら手作りで十分です。

 

わたし自身、「こんなイメージで」と提案したり、まなぴーもプロデュースが好きだと当時から言っていたので、たまたまそんなふたりが出会えたことで最高にお気に入りな仕上がりとなりました。コマウォ!

 

打ち合わせでわたしの個性を引き出してくれたまなぴー

そう、なんといってもまなぴーがとても天才的なんです。その日は入念な打ち合わせでした。打ち合わせというよりは「ともぴーのことを教えて」と、好きな色から始まって、趣味は?好きな音楽は?いつも持ってるものは?って、とにかく「こじまともことはだれなのだ」というところに焦点を絞って質問してくれたり、会話の中からくみ取ってくれました。

天才です。

それで送られてきたラフ案は、リアルに選ぶのに苦戦しました。良い意味で、「どれでもいい!!」というくらい、どれも最高だったんです。たぶん昔からわたしを知る人がどれをみても「ともぴーらしい」と言ってくれたと思います。

 

そしてめでたく選ばれしこの3きょうだい。

f:id:bbb_tomopan:20170725000438j:plain

 

くまさんパターンだけでも数種類案をくれて、最終的に細かいところまで手直しをしてくれました。シェイシェイ。

 

お願いした時期

そんなこんなで仕上がったWEBデザインまわり、そして教室名。

お願いした時期ですが、こちらも逆算して5か月ほど前には連絡をしたように思います。

 

2014年5月開校を目指していましたので、WEBの公開(=生徒さんの募集)は遅くても4月1日にオープンが理想的。

そこからさかのぼって、初めてこの件で連絡をしたのは11月の終わり頃か12月だったと思います。DMにてある程度イメージや内容の確認をしたのち、年明けにミーティングランチを。という流れでした。

 

わたしの場合まなぴーのおかげもあって、自分と教室の世界観がぴったりと当てはまってくれたことで、お仕事の依頼も早い段階からいただけたのではないかと思っています。ですので、ホームページの役割は「お知らせ」や「ご案内」だけではないのだなあと、後になって大きな気づきとなりました。

教室のイメージ作りに大きく影響するのですね。

 

ホームページの有無は、各先生の働き方に合わせて用意するも良し。他のSNSにまとめるも良し。とわたしは思います。

きっとサイトによっては自分である程度制作できたり、今の時代はそんな感じなのでしょうね。きっとわたしの時もそういうところもたくさんあったんだろうな。

わたしの使用しているwixも、初心者さんも作りやすそうですもんね。

 

またそこに時間を割くか、依頼をしてお願いしてその間に他の準備をするか、そこも自由だと思いますので、ご自身で必要な部分をリストアップしてみてくださいね。 

ここは自分でできるけど、ここはやってほしい!とか、金額と相談しながら◎

 

2.準備も大切なお仕事です

そんな感じで教室の準備は着々と進んでいきました。

その間も並行して写真を撮りためていき、自分の勉強も強化していきました。パンを焼きながら、とにかく自分で質問をして自分で答える。の、繰り返し。またパンを焼く。「このパンは合格!!自信を持って生徒さんに教えてあげられるぞ!」と思ったら、写真をぱちり。

 

ほぼ完成に近づいたHPに公開はしていない状態で、どんどん写真を入れていきました。

 

ほんのちょっと練習のアドバイス

そう。ちょっとHPの話とはそれてしまうのですが、パンを焼きながら質問を自分にぶつけてみるの、ぜひやってみてください。

 

どうしてこうなるんですか?

これを何にアレンジできますか?

こうなっちゃったんですけど…。

 

自分は生徒役でもあり、先生役。

これを頭の中で繰り返していくと、格段に知識が構築されていくし、迷わず生徒さんにお返事ができるようになります。自分の曖昧な箇所もすぐに調べ直して確認すれば頭に残ります。

ぜひお試しあれです。

 

わたし自身生徒さん側だった時そうだったのですが、先生が今教えてもらっているパン以上の小話をしてくださると、本当におもしろかったんです。

 

例えば、「日本ではこのパンはこうだけど〇〇の国ではこうなんだよ」だとか、「このパンの由来はね…」とか、プラスαの情報!!

これは本当に聞いていて面白かったです。

 

なので、ちょっと話逸れすぎじゃない?ってくらい、いろんなパンのことを知っておくと絶対に喜んでもらえると思いますし、自分も楽しいです。

今でこそパン関連の本はたっくさんありますから、ざーっと目を通しておくだけでも、楽しい&知識になる。

うんうん、やっぱり楽しいお仕事です!

 

WEBのオープンに合わせて写真の準備も完了

メニューは70種類くらいで教室をスタートさせました。

3月(開校2か月前)には9割くらいの写真の準備が完了しました。

(今もたまにメニューを増やしていますが不定期ですし、本当にたまにになってしまっているので、もう少し力を入れたい部分でもあります)

 

個人的には、HPの完成時には写真(または教室のルールや最低限載せておきたいこと)をほぼまとめておけると、かなり余裕を持って予約を受け付けることができると思います。

 

こういう部分って、勝手に自分で期限を決めてやっていることなので、いくらでも「あー間に合わないからのばそ…」ということもできるんです、当たり前のことですが。

だけど、そこは自分に厳しいこのわたし!!!笑

 自分で前もって決めたことも守れないで、運営なんてできるのか、わたし!!

くらいな感じで、人にはやさしく、自分にはとにかく厳しい、めんどくさいヤツ…(皆さんはそんな人にはならないでください、自分にもどうぞ優しく…笑)

 

っていうのは半分ジョークですけど笑、でも半分は本音で、準備も仕事!

なのです。それは開校前より、開校後の方がイメージしやすいですよね。

 「明日はレッスンだから、買い出しにお掃除にレシピの印刷、軽食の準備!」

これも大切な大切なお仕事。

 

ですから、のんびりとは言ってもその1年間も十分責任感を持ってお仕事をしてみました。だから守ってみました。自分で設定した期間に、自分で出した課題ができないと、教室の運営や料理家として「責任を持ってお仕事をお引き受けすること」がより当たり前になると思うんです。

気持ちも高まりますし、「自分に課題」たまに作って挑戦してみてくださいね。

 

3.まとめ

今回はまずWEBまわりの経験談について書かせていただきました。いろいろな表現方法・宣伝方法があると思いますが、わたしはこんな感じや想いでホームページを活用しているのだと伝わってもらえていたら嬉しいです。

またたくさんまなぴーについても勝手に書かせていただきましたが、思えばお仕事を通して初めて繋がった出会いもまなぴーでした。

こんな出会いを繰り返して、今のわたしがいます。ありがとう。

 

そして後半には、少しですが準備も大切なお仕事なんだよーという想いを書きました。ゆず風に言うと、無駄なことなんて何一つないのです!!(ゆずが大好きなゆずっこです)

 

次回は前回の記事にさらっとかいた、いわゆる「よくある質問」のような、わたしも持っていた素朴な疑問について書きたいと思います。

こんな時どうしたらいいの?というようなところについて。

つまり、教室のルール的な部分につながると思いますので、ぜひ使えそうな部分、参考になりそうな部分がありましたら、ご自身のお教室にもお役立てください!そこが定まってくると、小さな不安も解消されるのではないでしょうか。

そうなってもらえたらとても嬉しいです。