手作りパンと八ヶ岳週末移住のBLOG

東京の自宅と八ヶ岳の小屋を行ったり来たり。パン教室の運営・料理家・動画作り。パンと小屋のお話。

【週末移住】八ヶ岳エリアに小屋を建てました

こんにちは。

 

先日もちょこっと書いたのですが、今日は八ヶ岳エリアに建てた小屋について書きたいと思います。

 

f:id:bbb_tomopan:20190107024052j:plain

 

大好きな八ヶ岳エリア

もともと八ヶ岳エリアの広大な景色が大好きでした。

振り返ると、行き始めて12、3年。多い時には月1で通っていたと思います。

 

疲れたなあって「リセットしたい時は横浜か八ヶ岳」だったのですが、いつのまにか横浜を超えて八ヶ岳に行く回数の方が増えていきました。

 

この12、3年の間に妊娠・出産もあったので、その影響もあるかもしれません。

 

子どもたちが広々とした土地で走り回れる場所があって、景色がきれい。空気がおいしい。食材もお水もおいしい。

だんだんと子どもたちも、「東京より横浜より八ヶ岳がすき」と言ってくれるようになりました。

 

土地の存在を知ったのはおととしの春

ある日主人が「すごい話があるよ!!」と帰ってきました。

聞いてみたら、主人のひいおばあちゃんが50年前に八ヶ岳に土地を購入していたとのこと。

 

ずっとどうしようかと思っていたそうなのですが、更地のままだったそうです。

 

お義父さんお義母さんは土地をこのままにするのなら手放すか、でも「子どもたちに聞いてからにしよう」となったようで、

それを聞いた私たちは「小屋を建てたい!!!!」と即答でした。

 

その話を聞いた当時、ちょうど母の病気がわかり私達の生活に変化が訪れようとしている時でした。

ひとまずわたしたちの気持ちは伝えたうえで、母のサポートにあたっていました。

闘病中の母は「ともちゃんたちもたまにはゆっくりしておいで」と言ってくれていたので、母の体調をみながら、何度か土地を見にいったりなんかして。夢を膨らませていました。

 

その年、母は他界したわけなのですが、お義父さんお義母さんの優しいお心遣いで、母が亡くなって少ししてから「小屋の計画」を一緒に進めてくれました。とても嬉しかったです。

「今建てたい時に建てよう」と、落ち込むわたしに新しい楽しみを作ってくれました。(心から感謝しています。本当にありがとうございました)

 

2018年は小屋計画の1年間

そんなわけで昨年は1月からまる1年かけて小屋の計画を立てていました。

最初は「小屋の本」「週末移住の本」「セルフビルドの本」あたりをみんなで読んで、イメージを具体化させて。意見を出し合いました。

そして同時に建設をお願いする会社探し。

 

突発的に「小屋を建てよう!!」と思ったわたしたち夫婦ですが、(いつもペンション・コテージ・たまにホテルに泊まっていたので、単純に居場所を作りたかった)

本やネットで見てみると、小屋作りとか小屋暮らしとか、とーっても流行っていてびっくり!

 

初めは水道はいらない!居場所さえあれば!くらいに思っていたんです、これは本当に。

「横になれる休憩所があるだけで十分贅沢」。

 

だけど話合いを続けていくと、お義父さんお義母さん、おばあちゃんたちにも、みんなで楽しめる場所にするには、やっぱり水道も電気も必要でした。

 

(贅沢な話ですが、今思えば少し予算を頑張って水道も電気も通して大正解だったと思っています。)

「小屋」は全然知らない世界だったけれど、知れば知るほど楽しくて、わくわくする世界でした。

 

まずは「別荘」とは呼べなくていい、小さな小さな小屋作りの始まりです。

 

小屋作りから週末移住へ

f:id:bbb_tomopan:20190107101958j:plain

 

小屋の見学や具体的に見積もりを見て検討・相談し始めたのは春。

契約をして土地の木々の伐採、基礎建築が始まったのたは7月。

 

もともとわたしが1番気合が入っていた気がするのですが笑、いつの間にか主人の方がずっと(?)あれこれ細かいことを気にしたり、楽しみになってきたようです。

 

わたしは意外とこだわりが少なくて。予算内でできた最低限の小さな小屋を、どう自分たちらしい、過ごしやすい、可愛らしい空間にできるか。そんなことばっかり考えていました。

 

そんな中わたしたち夫婦で共通していたのは「週末移住」という言葉でした。

 

「せっかくこんなに大切な小屋ができるのなら、たくさん行きたい!!」

 

リラックスできる時間を自分たちで確保するという選択は、わたしたち夫婦・家族にとってすごく合っている生活スタイルに出会えたと思います。

 

そんなこんなで小屋がもうすぐ完成します

f:id:bbb_tomopan:20190107102846j:plain

実は昨年9月の台風をきっかけに、小屋の完成がどんどん遅れてしまってまだ完全には完成していません。

(具体的には現時点で残りの作業は、外全体の塗装、なので足場もあります。ウッドデッキの柵や階段で完成です。)

 

でもわたしたちが「冬休みに年越しがしたい」と前々から思っていたため、頑張ってくださって、まずは中だけ完成・引き渡ししてくださいましたー!

お陰様で今回の冬休みは早速4泊5日、小屋暮らしすることができました。

お忙しいところ、本当にありがとうございました。

 

12月半ばに大きな家具を運んでおいたのですが、それでも冬休み初めての小屋暮らしはまさしく「お引越し」。

荷物があまりに多くてバタバタとしましたが、それでも本当に快適な5日間を過ごすことができました。

 

引き続きいろいろ小屋生活についても書いていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします*

 

BlueBearBreads・こじまともこ